間違わずに汚れとさよなら

クレンジングや洗顔を間違ってしまうとその後のスキンケアに影響してきてしまいます。

間違ったクレンジングや洗顔をしないようにしましょう。
キレイに落として次にステップに進みましょう。

 

 

 

 

どんなメイクもオイルクレンジング


 

これは間違っています。
何で!?って思う人も多くいるでしょう。
濃いメイクやウォータープルーフのメイクを落とすには確かに向いています。
さっぱりして汚れが落ちてるって感じですよね。
しかし、ナチュラルメイクや薄いメイクの時などにもオイルクレンジングを使ってしまうと肌を傷める原因になります。
クレンジング剤はその日のメイクに合わせて使うとお肌には良いでしょう。
ナチュラルメイクなどの時はクリームクレンジングがおススメです。

 

クレンジングをしながらマッサージ


 

良く考えてみて下さい。
クレンジングは何をするものですか?
クレンジングは汚れ(メイク)を落とすためにおこなうものです
汚れを落としたクレンジング剤でさらに肌を擦り続けるとどうなるのでしょうか。
ただ汚れを肌に擦り付けているのです。
せっかくキレイに落としても汚れているものでいくらマッサージしてもお肌には負担になります。
さらにあまり長くクレンジング剤をお肌に乗っておくのも良くありません。
マッサージをするなら、マッサージクリームや保湿クリームでおこないましょう

 

ダブル洗顔をしない


 

クレンジングだけで顔の汚れが全て落ちているし、さっぱりしているから洗顔はしないって言うあなた!!
それは間違いですよ!!
クレンジングでは化粧品に含まれている鉱物油を落としているだけなのです。
その他の汚れは落ちていません!!
それだけでなく、クレンジングの際に毛穴に汚れを押し込んでしまっていることがあります。
なので、クレンジングの後はしっかり洗顔をしましょう。

 

 

 

 

時間をかけてしっかりたっぷり泡立てる


 

間違ってるの!?って思いますよね。
確かに泡立てることは間違っていません
むしろ泡立てずに洗顔するのは良くありません。
では、何がいけないのか?
それは時間をかけて泡立てると言うところです。
泡立てる時には、すでに顔は濡れているはずです。
塗れたまま放置するとドンドン顔の水分が蒸発して乾燥してしまいます。
なので、泡立てるのも必要ですが素早く泡立てるようにしましょう
さらに言うと洗顔に使う泡は片手に収まる程度の泡で十分です。

 

シャワーで洗い流す


 

特にお風呂での洗顔の際に面倒くさいからとシャワーで洗い流している人も多いのではないでしょうか。
それは良くありません。
良くない理由は2つです。
1つ目はシャワーの温度です。
顔にかけるために温度を下げる人は少ないのではないでしょうか。
お湯のまま顔にかけてしまうと乾燥しやすくなってしまいます。
シャワーじゃなくてもお湯での洗顔はやめましょう。
2つ目はシャワーの水圧です。
手でパシャパシャするのとは違い水圧が強いのです。
それはお肌への負担になり、シワなどの原因になってしまいます。
なので、洗い流す時は水やぬるま湯を手でパシャパシャかけてしっかり洗い流しましょう

 

タオルで擦る


 

これはお肌に気をつけている人の中では常識ですが、タオルで擦るのは良くありません。
肌を傷つけてしまいます。
擦らずに軽く抑えるように水分を取りましょう
これは良く聞きますよね。
ここで、ちょっとした落とし穴があります。
それはガサガサタオルです。
いくら優しく水分を取ろうとしてもタオル自体がガサガサでは意味がありません。
ふんわり肌触りの良いタオルを使うようにしましょう